2018年01月08日

ぷち無駄遣い…其の伍 なんだかんだで冬休みの工作に(オシロスコープ DSO150 のリチウムバッテリー内臓化改造計画)

9月…まだ暑い頃からこの企画(?)が始まる。
だいたい目途がたってきたので、ログることとした。

なにげにAmaz〇nを徘徊していると以前より気になっていたものがヒットする。
オシロスコープである。
最近は仕事でも全く触れることが無くなった測定器だが、車の整備などでタイミング信号や車速パルスなどを確認したくなることもある。
以前より何度か購入を検討しようとしていたが、やはり高価である。
一生に数回しか使わないだろうにw。大金はかけられない。
画面もTFTの方が→更に高価に。
できればUSB接続でデータが取り出せるとなお良い→もっと高価に。
しかも画面無しのPC接続型では使いづらい。
キットも昔から有るが…今一つである。
そうこうしているうちに月日は流れた。
久し振りに検索してみると、チョット気になる商品が…
・画面はTFT
・デジタルオシロ
・小型
・メモリ機能有り
そして何と言っても低価格(3野口とちょっと)
何と言うことでしょう。
いつの間にこんな時代が来たのか。

物はJYE Techの DSO150
こいつをネットで調べると、色々改造している人が多い。
まず、9vの電源をモバイルバッテリーで駆動できるように改造。
その上を行くのが、リチウムポリマー電池を内蔵させ、プローブ以外はコードレスとしている人も…。
これはなかなか楽しそう。
このくらいなら私にもできそうだ。
ある程度の調査と、Amaz〇nで入手可能なブツを物色。
どのサイズなら、どんなレイアウトなら内蔵できるかなどなど。
そして私の自宅にそれらがゲシュタムジャンプしてくるのであるw。
dso150_01-2.jpg

・DSO150本体(KKmoon 2.4インチ TFT デジタル オシロスコープ ポケットサイズ DIYキット ケース SMDハンダ付け 学習セット 1MSa/ s 0-200KHz) 写真左上の白い箱

dso150_05.jpg

・Rasbee USBポート 2A DC-DC ブーストステップアップ 転換モジュール Micro USB 2V-24V to 5V-28V 9V 12V 24V
この基板には注意点が。
まず、降圧できません。入力が5vであれば5v以上に昇圧しかできない。
あと、電圧差が有るとそれなりに発熱するようだ。
電圧調整用ボリュームはかなり回さないと昇圧始めない。
そして、電圧が上がり始めるとちょっと調整がシビア。

dso150_04.jpg

・EasyWordMall マイクロUSB 5V 1A 18650リチウムバッテリー充電器モジュール
コイツの注意点も発熱が謳われている。
んが、過充電/過放電防止機能が有り便利だ。

dso150_06.jpg

・MATECam バッテリ リチウムポリマー電池 3.7V 800mAh【小型ビデオカメラ】【超小型カメラ】Li-Poバッテリ ドローン
当初はガラケー用のバッテリーを探していたが、今はドローン用のリチウムポリマーが安全で良さそう。
内蔵できそうなサイズではもう少し容量が大きい物も有ったが、公表サイズをどこまで信用できるか判らず、まぁこのサイズならほぼ間違いなく実装できるだろう的な選択w。

・KKmoon  高精度 オシロスコーププローブ ワニ口テストプローブ ワニ口クリップ 減衰値調整可 P2200 1X10X 200MHz(写真は無いが…)
プローブは×1のワニ口クリップ式の物が添付されているが、本体の対応電圧は60vまでのようでしたので、×10(電圧を1/10倍)のプローブも入手。

物は揃った。
早速組み立て…とはいかず、PCの時と同じで始めると一気にケリをつけないといけない。
且つ、私の場合はストレス解消が目的の半分を占める。
特に今回は、
・急がずミス無く丁寧に
・基板の故障時は交換可能なように(接着しない。購入した基板は1つ100円程、コメントを見ても結構動作不良が有る。なので購入も各基盤2個以上が基本w)
などの方針で。
結果、組み立て始めは12月。冬休みの工作となるのです(実際には年明けもしばらく続いたが)。

おまけ
私は一般的に言うオシロスコープをシンクロスコープと呼んできた。
これは2現象の信号の片方(例えばA側)にシンクロさせてもう片方の信号Bのタイミングを見る物をシンクロスコープと呼ぶものと思っていた。
んが、ネットで調べると、シンクロスコープは単に岩通の製品名称のようだ。
確か仕事で使っていたのは全て岩通。装置にもシンクロスコープと書いてあったように記憶している。
まぁ、DSO150は1現象のため何れにしてもシンクロスコープでないことは確かだw。
posted by sukatan at 21:29| Comment(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: